プロフィール

るん

Author:るん
常に猫が沢山いる賑やかな家です。
絵を描いたり色々やってます(*´∀`)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

同盟バナー猫中動

幸せ

なかよし2


幸せを感じる時間。
子供と猫が団子で寝ているのを見る時。
これはソファーで行き倒れた子供に寄り添って寝るてんてんとニャン太。・・・・・・実は枕にしているだけかもしれないが、まあ気にしない(笑)

なかよし


そして、次はベツドで寝ている子供に寄り添う猫さんたち。
みんな子供が大好き。
特にニャン太は毎日子供と寝ている。
寝室は寒いから他の子は暖かいこたつかホットカーペットにいるのにね。いいこだな、ニャン太。
こういうのを見ている時が本当に幸せです。


・・・・・・・・・・・・・・しかし・・・、
不幸を感じる瞬間も・・・・。
それは写した写真の背景がどれも汚い時。
ふしゅ~~~


ちなみに、子供がはんてんを着て寝ているのは、子供の寝相が悪くていつも上半身が飛び出しているからです。
本当は肩掛けみたいなもんが手に入るといいんですがねぇ・・・・。
スポンサーサイト

コメント

たまりませんこの写真。
かわいいv-238
お嬢様の幸せそうな寝顔にも癒されますね!るんさん。
2006-02-14 00:13 | パパママ #- | URL編集 ]

初めまして<(o_ _)>

先日から何度かお邪魔しておりました。
トラックバックさせて頂いております『Happiness』の美月と申します。

娘さんとニャン子ちゃん達、本当にこんな姿見ると幸せですよね♪
わが家も息子の布団で寝るニャン達を見ると何とも言えない幸せな気持ちになります。

もちろん私の布団で寝てくれるときも・・・

漫画家さんなのですね!
わが家の2匹目のニャン子の保護主さんも漫画家さんなのです。
漫画家さんは猫好きさんが多いっていうのは本当なのですね(*´∀`)

また遊びに来させて頂きます♪
2006-02-14 00:52 | 美月 #O7xVy9HA | URL編集 ]

こちらでは初めまして。
本家サイトで書き込みいたした流星です。
ブログの写真ですが、るんさん家の猫さんや娘さんの写真にいつも幸せや癒しを感じます>w<私はアレルギー等の事情で猫が飼えないのでこう言った猫さん達の紹介ブログサイトは有り難いです。
さて、込み入ったことになりますが…、るんさんは以前から作り手側として「メッセージ性の高い物」を発表されていました。
同人活動時代も「反戦」や「平和について」や「愛情」や「幸せ」…。当時小学生だった私はこのテーマは難しく「悲しかったから」、「感動した」と単純に涙を流してはいました。
今、改めて読み返してみると、るんさんが「伝えたかったテーマ」を感じ取ることが出来ました。あの頃はわからなかったキャラクターの想いや気持ち。私はこの本を買ってきて良かったと心から思いました。
商業漫画でもこのブログでも読んでくれた人々に伝えたいこと…。体制は今でも変わっていませんね。猫のお話しは色々考えさせられることばかりだしこちらも色々考えさせられます。今でもるんさんのメッセージは人々に伝えたい物ばかりですね。

長々と古参読者の戯言でした。
失礼致します(^^;
2006-02-14 17:40 | 流星鈴矢 #- | URL [ 編集 ]

あ~、いいもの見せていただきました。

特に1枚目の写真のにゃん太ちゃんとてんてんちゃんのカメラ目線が、娘さんを守っているようです。

幸せ気分です~。ごちそうさまでした♪
2006-02-14 20:06 | tacco #- | URL編集 ]

パパママさん>
みなさんのお宅の写真がいつも綺麗で羨ましいので、掲載するのはは恥ずかしかったんですが、あまりにも可愛いのでつい・・・。
はい、掃除します・・・そのうち・・。


美月さん>
履歴を拝見して先日そちらにもご訪問させていただいておりました。
わんちゃんもねこちゃんも本当に可愛いですね♪
てんてんは私が昼寝しているときも顔に覆いかぶさって寝てくれます。幸せです。
・・・・・・ちょっと苦しいけど(笑)
漫画家には本当に猫好きが多くて、動物ものはかぶりやすいので中々描きにくいんです。
でも人の漫画でも動物が出てくるものは大好きです♪


流星さん>
漫画は描き手が本当に力を入れたものとそうでないものが一目瞭然ですよね。
昔同人時代に描いていたものはどれも自分自身涙を流しながら描いたほど、思い入れがあり、そのせいか何年経っても昔の読者さんが訪ねて来て下さいます。
本当に本当に嬉しいことです。
これからももっともっと頑張らなければいけません、(最近反省点あり)
関係ないけど、最近FF4のキャラの落書きばかりしてます。
同人誌出したいなぁ・・・・・・。


taccoさん>
あのカメラ目線は旦那が猫たちの名前を呼びまくったのでああなりました。
でも本当は2匹とも子供に寄り添って(のしかかって)寝ててもっと可愛かったんですよ♪
taccoさんちもいつも綺麗にしてあるので、ちょっと肩身が狭いですが(汗

2006-02-14 23:53 | るん #- | URL編集 ]

ホントに幸せ~~♪
るんねーさんちのニャンコちゃん達は
写真の撮り甲斐、ありますね~
うちなんか・・・・真っ黒なので
どこは何なのか??です(笑)
2006-02-15 18:48 | timママ #- | URL [ 編集 ]

timママさん>
うちもグレーの子ばかりなので地味は地味ですよ。
昔はロールさんもまばゆい白だったのに、すっかりへんてこな色になってるし・・・。
ルルさまが羨ましいですよ。
2006-02-15 23:40 | るん #- | URL編集 ]

お嬢さんの寝顔を見ても
添い寝する猫たちを見ても幸せがいっぱいです。
ニャンコ警備会社の警備員みたいに
両脇からガードしていますねv-344
ほのぼのさせてもらいましたv-48
2006-02-16 14:36 | と・ろ・ろ #- | URL編集 ]

と・ろ・ろさん>
ああ、とうとうとろろさんにこの汚い写真を見られてしまった・・・・。
綺麗好きでお掃除が得意なとろろさんにお見せするのは本当に恥ずかしいですが、見なかった事に!して下さいv-238
掃除苦手なんですよ、本当に。
2006-02-16 23:09 | るん #- | URL編集 ]

かわいすぎますぅ~!
もう何年もニャンコと寝てないな~(>_<)
私の猫は私の股を枕に寝てました(笑)
身動き取れないから足がシビれたりするけど起こすのかわいそうだから我慢してたのを思い出しました。
今は母のベッドが猫まみれだそうです。

実家ニャンコの1匹が「下部尿路疾患」とかいう腎臓?膀胱?に結石がデキる病気になってしまって ストレスが大きな原因らしく ウチの子どもがストレスの原因かも?ってコトで落ち着くまで出入り禁止になりました...
数年前に発病して予防食・治療食を食べてたんだけど再発。
珍しいらしいです。何か尿管が短いとか曲がってるとか?
入院したり膀胱の洗浄に通院したり頑張ってます。
早くよくなるといいな。
早くニャンコのハラに顔をうずめてふぁふふぁふしたいです。
2006-02-17 13:36 | きょうこ #- | URL [ 編集 ]

きょうこさん>
うちの初代猫のニャジラさんもオマタ猫でしたよ。
何が楽しいのかはわかりませんが、安心するのかな?

実家の猫さんも病気ですか~><
難病なんでしょうか?早く良くなるといいですね・・・・。
しかし、猫さんのストレス防止に可愛い孫の出入り禁止とは、おばあちゃま相当の猫好きですね(笑)
早く猫さんが元気になって可愛いお孫さんと遊べるようになるといいですね。
2006-02-18 01:11 | るん #- | URL編集 ]

こんにちは~v-22
テンプレート春がきましたね~
とてもいいかんじです!

私の母も掃除が苦手で
子供の頃から私が掃除していました~
いろいろですよ~v-10
2006-02-18 12:53 | と・ろ・ろ #- | URL編集 ]

実家父&母は子ども達に面と向かって「あんた達よりニャンコの方が大事なのよ」と言ってます(笑)
親バカならぬ猫バカですな!
ニャンコの治療費が高いから早く治ってくれないと困るのが本音だったりして…
1ヶ月10万円以上は正直ツライと思うけどお金で解決できるコトならばしてあげたいですよね!
2006-02-18 20:54 | きょうこ #- | URL [ 編集 ]

と・ろ・ろさん>
はい、掃除は本当に苦手で、毎日こまめにというのができません・・・・。
特に猫と子供みんなでせっかく綺麗にした部屋を汚されると、しばらくすっかりやる気がなくなり・・・・。
るなちゃん大きくなったら掃除して・・・・・。

きょうこさん>
毎月10万円!!!!!!
それは切実に治ってもらわなければ大変ですね。
元気になってくれれば苦にならなくても、手探りで治療に明け暮れるのは辛いもの・・・・。
まぁでもお子さんより猫が好きというのは冗談でしょう(笑)
私も似たようなこと子供に言ってますが、猫が天国に行っても耐えて生きていけるが、子供に先だたれたら生きていけないかも思うし・・・・。
2006-02-18 23:26 | るん #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://run2luna2.blog32.fc2.com/tb.php/43-790687dd

 | ホーム |  page top