プロフィール

るん

Author:るん
常に猫が沢山いる賑やかな家です。
絵を描いたり色々やってます(*´∀`)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

同盟バナー猫中動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出した事

てん ちー


気が付くと良くちー様のとなりにてんてんがいる。
野良上がりで、未だにこたつにも入れない孤独なちー様。
わたし以外の人にはまったく近寄ってこないちー様。
一生友達なんか出来ないかと思ってたけど、てんてんとニャン太が来てからちょっと変わった。
仕事部屋のひざ掛け(・・・はあまりにも小さいので今年から毛布にしました)に3匹で良く寝ている。
たまにハトリにいちゃんも混じってる。
4にゃんが一つのスペースに・・・・!ああ夢のよう・・・。
女の子同士はどうしても折り合いが悪く、近くに置けないけど男の子はみんな温和でいい子。嬉しい嬉しい。


さて、話は変わって、
最近あちこちのブログで捨て猫の話を読みます。
全国的にもひどい寒さ、大雪。
そんな寒い寒い日々なのに!!!どいつもこいつも鬼か!!
呪われてしまえ!!(マジで)


そしてふと思い出した事が・・・・。
多分今年の春位の事。
隣の市某公園の近くを通りかかった時、ここの近くに野良猫が多い事を思い出して、妹と子供と覗いてみた。
ちょうど餌やりのおばあちゃんがいて声をかけると、ものすごく困った様子だった。
なんと、紙バッグに子猫の死体を入れて置いて行った人があったのだ。
おばあちゃんが餌やりに来て、袋があるから覗いてみたら、可愛い猫の死体が・・・・。
おばあちゃん、どうしたらいいのかわからずに途方に暮れていた。


私は妹に子供を頼み、おばあちゃんを車に乗せ、近くにあるというおばあちゃん宅にシャベルを取りに行って、おばあちゃんに見張りを頼み代わりに穴を掘って埋めてあげた。
150cmしかない私よりも小さな小さなおばあちゃん(推定135cn)、シャベルを取りに帰る事すら大変なおばあちゃん。
何度もお礼を言ってくれました。


そしてその時に、そこに捨て猫をする人のせいで何度も何度も悲惨な猫の死を見て来たと聞きました。
足を骨折して、人を頼って鳴き続けてた子・・・。
おばあちゃんが病院に連れて行ってあげたそうです。
そしておばあちゃんの息子が手術代3万円を出してくれたそう。
病院の助手の女の子がその子猫を引き取ってくれたそう。


世の中には本当に優しい人がいる。
そしてその人の優しさに付け込んでひどいことをするクソ野郎もいる!!本当に悔しい。
外野の私ですらこんなに悔しいのに、もっと身近に可哀相な猫の死に立ち会うボランティアさんの心情はいかばかりか。

神様がいるなら見ていて欲しい。
そして全てに報いを・・・お願いします・・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://run2luna2.blog32.fc2.com/tb.php/30-cd040c6b

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。