プロフィール

るん

Author:るん
常に猫が沢山いる賑やかな家です。
絵を描いたり色々やってます(*´∀`)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

同盟バナー猫中動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一人の娘

風邪が悪化し、声がつぶれてしまいました。
当分人とまともに喋れません・・・。
ああ、常に喋っているのがウリだったのに・・・。

そんなわけで、今日はもう寝なくては。ふうふう。


タイトルの「もう一人の娘」について。
実は私「犬猫救済の輪さんのフォスターペアレントに申し込んだのです。
(注・フォスターペアレントとは足長おじさん制度の事です)
つまり、保護されている特定の猫さんに仕送りをし、お世話をしていただく制度です。
里親にだせない条件の猫さんやわんこさんが、この制度のおかげで保護主さん宅でご飯代に苦労しなくてすむのです。
私のつたない説明でわかりにくい場合は直接HPをご覧になって下さいね。


で、私はフォスターペアレント募集中からこの子・・とは指定しなかったので、あちらが選んでくださったのですが、この子が決まったらしいのです。
写真はまだ頂いてないのですが、蓄膿症の三毛猫さんだそうです。名前はミーちゃん♪
なんかメールを見たらすごく嬉しくなってしまいました。
私がママよ~~~!!!!!早くお顔見せてぇぇぇぇぇぇ。
ってカンジです。どうしよう。なんかすでに会いたくなってきた!!
私の娘♪娘♪   まるで妊娠中お腹の中に語りかけている気分です。


まったく強制はいたしませんが、たまたまここを見てて、猫さんは飼えないけど自分の子がいたらなぁ・・・という方にはうってつけかもしれません。一月3千円という金額も、比較的手を出しやすいのではないでしょうか。

もし写真が届いたらすぐUPしますね。

箱チー様


最近写真を撮ってないので、前撮ったものでも・・・。
我が家の大人気スポット、台所のお中元の空箱でくつろくチー様です。
この空箱、夏の間は奪い合いになるほどの人気でした。
玄関あけると目の前に箱に入った猫が!!!
そんな貧乏たらしい素敵な我が家(笑)
スポンサーサイト

コメント

フォスターペアレントにも名乗りあげたのね。
私も一時期気になる猫がいて
希望しようかと・・・


しかし9匹のうち2匹がエイズキャリアで
それでなくとも病院つづきで諦めました。
るんさん、ありがとう!


でも昨年12月にはあの会の署名を
200人分ほど集めて送りました。
差出人なしでね。


うちの裏のミミちゃんもひどい蓄膿症です。
鼻汁とクシャミと鼻血といろいろで大変ですが
普通に暮らしていますから大丈夫ですよ~
写真来たら見せてね~♪
2005-11-11 14:38 | と・ろ・ろ #- | URL編集 ]

犬猫救済の輪の結さん、私も応援しています。フォスターペアレントはいいことですね、善意の輪が大きく拡がってくれることを願っております。
2005-11-11 20:06 | ちゃま坊 #- | URL編集 ]

と・ろ・ろさん>
いえいえ、大勢の野良猫さんを保護していると・ろ・ろさんは無理をなさることはありませんよ。
我が家はまだ4にゃんだし、持病を抱えている子もいません。
まだ少し余裕があるので、やれる事をしたまでです。

逆に私には署名を集める力はありませんので、と・ろ・ろさんのお力が非常に役立っている場面が多い気がします。

取り合えずミーちゃんの写真が早く見たいです♪


ちゃま坊さま>
こうして、個人の一サポーターでも少しずつ宣伝していけば、支援はもっともっと広がるかもしれまないな~~~と、
そんな想いでブログを書いています。
ちなみにうちの娘がちゃま坊さんの漫画の続きをとても楽しみにしております。
ガンガン続きを書いて下さいね・・・・と鬼編集気分になってみたりして(笑)
2005-11-11 23:57 | るん #- | URL編集 ]

るんさま
次の世代を担うお子さまに見ていただいているとなると、責任重大です。
舌切り雀のお婆さんや花咲か爺さんの悪いおじいさんはやはり最後にお仕置きを受けるのです。
子供のうちから動物愛護に接することは大切ですね。
次のターゲットはお子さまにしようかと考えております。
2005-11-12 21:41 | ちゃま坊 #- | URL編集 ]

ちゃま坊さま>
子供の頃から動物愛護・・・というのは本当に大切だと思います。
私の友達に動物嫌いの人がいて、猫を見ると「気持ち悪い」とすぐ口にします。
当然その子供も動物嫌いです。
ちなみに、その人は体の不自由な人も「あの人たちは何をするかわかったもんじゃないから」みたいな偏見の目で見ます。
人間としてかなり問題があります。
動物に優しくできない人は人間にすら優しくなれません。恐ろしい事です。
私はその人を反面教師にして、子供は動物大好き子にしました。
ポチタマを見ては涙を流す娘・・・そんな娘が自慢です。
2005-11-13 00:37 | るん #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://run2luna2.blog32.fc2.com/tb.php/16-36c25ea1

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。