プロフィール

るん

Author:るん
常に猫が沢山いる賑やかな家です。
絵を描いたり色々やってます(*´∀`)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

同盟バナー猫中動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有り難うございました

闘病関係のブログを読んでいて、この「有り難うございました」の
タイトルがくると「ああ・・・ついに・・」といつも思いました。

でも、実際自分の家の子が星になった時、やはりこのタイトルしか
浮かばないものですね・・・。



白姫は31日に星になりました。
前日からあまり寝てなくて、お風呂からあがったら眠くて眠くて
2時間横でうたた寝をした間でした。
起きたらもうすでに堅く・・・。

20070903012221.jpg


そのほんの少し前に、急におきあがってニャーニャー鳴き私のひざで少しの間寝ていました。
それが最後でした。

どこにそんな力が・・・とびっくりするくらいでした。
ちゃんと目を開けて、私に何かを言っていました。
少し具合がよくなったのでは???と誤解するほどでした。

おとついの昼ですらすでに相当瀕死の様子だったのに、
そこから丸一日半以上・・・。
あの骨と皮の体で、弱った体で、本当に良くがんばってくれました。

前日病院にいけた事で、私も精神的に楽になりました。
家に入れた子猫が弱るなんて、私にはありえないことでしたから
きっと、私のせいで弱ったんだと・・・、何かミスをしたに違いないと。
他の人に拾われたら元気になっていたかもしれないのにと・・・、かなりこたえました・・・。

でも、病院で貧血も起こしてないし、脱水症状もひどくないので
生まれ持ってのものだろうと・・。
野良の子なら親からエイズやFIVをもらっている可能性もあるしと
色々お話が聞けました。

それでやっと納得ができたのです・・・・。


本当に、最後まで良く頑張ったいいこでした。
白姫・・有り難う・・・有り難う。



白姫は無責任な餌やりさんから生まれた子です。
餌だけあげて避妊も去勢もしない・・・。
生まれた子はこうしてどんどん亡くなって行きます。
きっと母猫も長生きできないでしょう・・・・。

餌を与えるのは愛情から来るものかもしれません、でも子猫が増える事の
現在メリットはほとんどないはずです。
母猫の体も弱り、生まれた子は育たない・・・・。
一回手術してくれれば、後はのんびり生きられます。
猫が増えなければ、ご近所とのトラブルも減ります。

この話はいつか必ず漫画にして雑誌で発表します。
白姫のような子をもう出さないためにも・・・・。

スポンサーサイト

コメント

白姫ちゃん、せっかく助けてもらえたのに、残念でしたね。
膝で寝てくれたのは、きっと白姫ちゃんからのありがとうですよ。
白姫ちゃんのご冥福を祈ります。

2007-09-03 09:43 | にゃんちゅ #7nflydWA | URL [ 編集 ]

るんさん、残念でしたが、自分を責めないで下さいね。
精一杯のことをしてもらって、白姫ちゃんも幸せだったでしょう。今度はきっと、20数年生きて、大事にされる子に生まれ変わってくれると思います。

私も子供の頃に、飼っていた猫が産んだ子猫を、数日で無くしたことがあります。一生懸命世話したんですけど…。やっぱり生まれながらに弱い子もいるんですよね。でもあの時は悲しかったし、空しかった。

今私たちに出来ることは、やっぱり無責任な野良への餌やりを無くすこと。飼い猫についても同じです。きちんとすべきことを守って飼う。近所トラブルに巻き込まれた身としては、二の足を踏んでしまうところですが、私も少しずつ、出来ることはまた再開していこうと思います。


2007-09-03 22:05 | ちょびら #- | URL [ 編集 ]

そうだったんですね・・・
るんねーさんは十分力を尽くしてくれましたよ・・・・
きっとそのお礼を言いたくて
最後に起き上がってニャーニャーって言ってくれたんだと
思います。
だから白姫ちゃん・・・天国ではきっと
元気になってると思いますよ・・・・
最後にいい飼い主さんに巡り会えてよかったね♪

るんねーさん、ありがとう。
白姫ちゃんのご冥福をお祈りします・・・
2007-09-03 22:16 | timママ #R3CmE9q6 | URL [ 編集 ]

るんさん
ご苦労様でした。
お外で人知れず死んでしまう野良猫さんたちと比べたら
白姫ちゃんはとっても幸せでした。
その分るんさんが悲しみを背負ってしまったと思い、
切ないですが、るんさんが漫画で、その死を生かして
下さるとのこと。
そう思うと、るんさんには失礼ですが、とても意味のある
死だったと思います。     合掌…
2007-09-03 22:52 | ハッチー #KKFL3aNE | URL編集 ]

何の手当ても受けることなく、連日の猛暑に中だったら
白姫ちゃんもっと辛い思いをしたでしょうね。
柔らなかタオルの上で、一生懸命看病してくれたことを
猫も分かっているはずです。
虹の橋では元気に大きくなってね。

ひどい状態の子猫の面倒を看るって、経験した人でないとわからないでしょう。
お疲れ様でした。
2007-09-04 15:56 | と・ろ・ろ #- | URL編集 ]

にゃんちゅさん>
本当に衝撃の結果になってしまいましたが・・・・。
白姫にとって少しでも役に立っていてくれたら、看病の日々は
決して後悔はありません・・・。

ちょびらさん>
無責任な餌やりさんは、猫が増えたら困るので、子猫が死ぬのは
自然淘汰と思い込むふしがあると思います。
手術なんてする必要ない・・・どうせ増えないし。
手術は可哀想・・・・・・・・・・。
この間違いをどうしたらわかってもらえるか・・・・。
訴える方法はないか・・。考えたいと思います。

timママさん>
最後に15分ほどでしたが、白姫は本当によく動きました。
しゃきっと体を起こし、どこかへ行こうとしました。
よくある死期を悟って・・というものかもしれませんが、
目まで開いて私をちゃんと見つめてくれて・・・。
このまま少し回復するかも・・と期待してしまいました。
こんないい子はいません。本当にうちに来てくれて有り難うと思いました。

ハッチーさん>
もし白姫の生まれながらの運命が二ヶ月しかなかったとして
最後の瞬間は母猫と一緒にいたかったかも・・。
知らない家で知らない人の前で死にたくなかったかも・・と
少し思いましたが、母猫が育児を放棄したなら、
私が最後を看取った事には何も悔いはありません。
ただ、残された兄弟猫の具合もよくないときき、心がとても痛いです。

と・ろ・ろさん>
しょせん私などまだまだ駆け出しですので・・・。
こんな経験をして初めて、きっと多くのボランティアのみなさんが
こうして捨てられた子を救えず辛い思いをしてきたのだと
気づきました・・・・。
猫を増やす人がいる限り、捨て猫をする人がいる限り、
不幸は減りませんね。
なんとか少しでも変えて行きたいです。

2007-09-04 22:33 | るん #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://run2luna2.blog32.fc2.com/tb.php/134-29d710b5

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。