プロフィール

るん

Author:るん
常に猫が沢山いる賑やかな家です。
絵を描いたり色々やってます(*´∀`)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

同盟バナー猫中動

猫虐待犯 詐欺で捕まる 続き

先日の廣瀬容疑者逮捕のニュースには多くの人の働きがありました。

猫を殺すためわざと愛護家を狙い可愛がるといいだましとる。
そして殺す。

人の皮を被った悪魔です。
人と同じ情けは不要でしょう。
この先間違いなく同じことを繰り返し、反省どころか次は
人やより大きいものを殺そうとするでしょう。

本来金銭的価値のない猫の譲渡を詐欺で立件することはできないようです。
署名の効果もたぶん殆どなかったと思われます。

しかしこのたび動物虐待よりはるかに重い罪での逮捕となりました。
これは大きな大きな一歩かもしれません。

この件について記事を書かれたブログを紹介致します。
少しでも拡散にご協力下さいませ。

http://ameblo.jp/tomoesatosi/entry-11145876897.html
『許すな廣瀬勝海  リンク転載フリーです。』
http://ameblo.jp/calendulacat/entry-11137350382.html
「猫詐欺防止のために動き始めた人のブログ」

動物虐待につきましては私は一切の情状酌量を認めません。
良くある「本人も反省している、精神的に追い詰められていた」
などの言い訳は理解しません、できません。
更生のチャンスなども認める必要は感じません。
犯人擁護のレスなどは即刻削除致します。

追記
この記事を書いた後、新たに情報が入りました。
詐欺罪というのは本来「騙した」という罪ではなく「財産を奪った」が
罪になるので財産的価値がない猫に詐欺罪は異例の事だったのです。

ですがら愛護家の間では「今回はたまたま血統書付だったのではないか?」という
懸念があったのです。

所が違いました!!
これは署名の効果もあったのかもしれません。
愛護家にとっては本当に大きな飛躍の一歩です。
嬉しくて涙が出ました!!
以下「ゆきももこの夢日記」からの転載です。

=====================================

県警が「譲る側にすれば猫は大切な財産」と認定!
昨日、詐欺罪についての記事を書いたばかりですが、今日は嬉しいニュースが入ってきました。
私達の望むように、「猫は譲る側にとっては大切な財産」と認定されての逮捕だったようです。
これは、元親の心情を汲んだということだと思います。
つまり、被害猫が血統書付きでなくても、雑種でも、元野良でも、ハンデのある子でも、ということだと思います。

被害者の方達の無念がこれで少しでも報われますように。

・・・・・・・
猫の里親募集サイト悪用 動物保護装い、虐待多発
2012年1月27日(金)1:25 産経新聞

 譲り受けた猫を、ストレス発散のために虐待する-。神奈川県警が摘発した動物虐待事件の容疑者の犯行ぶりが、愛猫家らに衝撃を与えている。容疑者はインターネット上の掲示板を利用し、愛猫家を装い、猫を引き取っていた。動物の里親を募る掲示板は多数あるが、悪意を持った引き取り手の確認方法がない。「同種事件は他でも起きている」という声もある。

 ◆詐欺の疑いで逮捕

 詐欺容疑で神奈川県警に逮捕されたのは、川崎市麻生区の会社員、広瀬勝海容疑者(45)。昨年11月に動物愛護法違反容疑で逮捕されており再逮捕となった。

 動物の虐待が絡んだ事件で詐欺容疑での逮捕は「極めて異例」(県警)。詐欺罪の立件には、人をだまして財物を交付させていたことの立証が必要。県警は「譲る側にすれば猫は大切な財産」と認定した。

 県警によると、広瀬容疑者は昨年11月、虐待して殺傷する目的にもかかわらず、ネットの「里親募集掲示板」で知り合った東京都内の無職女性(52)から子猫1匹を譲り受け、だまし取った疑い。

 「終生家族の一員として愛情を持って育てる」と書かれた誓約書に署名したが、翌日には猫を川に投げ捨てていた。「ストレス発散のため、虐待できる猫がほしかった」と供述しているという。

 ◆厳罰求め署名活動

 愛猫家の間では広瀬容疑者は“危険人物”として、逮捕前から知られていた。引き取った猫の死骸が見つかるなどしていたからだ。

 猫を渡したことがある里親探しのボランティアの女性によると、広瀬容疑者は「虐待する人間がいますが信じられない。本当にひどい」などと語っていた。

 だが、この女性が知人らと調べただけで、広瀬容疑者は昨年7月から最初の逮捕の11月にかけ21匹の猫を引き取っていた。女性は「取り戻せたのは4匹だけ。5匹が死骸で見つかり、残りは行方不明」と話す。

 この女性らは「悲惨な事件が二度と起こらないように」と厳罰を求める署名活動を展開。4千件の署名が集まったという。

 愛猫家たちにとって衝撃的だったのは、善意が前提の猫の里親探しが、悪意で利用された点だ。

 里親募集掲示板は猫や犬が殺処分される前に、引き取り手を見つけようという人たちが運営している。特定非営利活動法人(NPO法人)が運営主体となっている掲示板だけで、少なくとも20以上ある。中には年間800匹を超える猫や犬を扱う団体もある。

 ペットの法律問題に詳しい細川敦史弁護士は「今回のような問題は全国で起こっている」と指摘する。細川弁護士は平成17年、掲示板を通じ猫14匹を引き取ったのに、飼育を放棄されたとして愛猫家が起こした損害賠償訴訟に携わったことがある。猫の返還を命じる判決が確定したが、1匹も戻ってこなかった。

 掲示板の運営者らは引き渡し前に、面談や自宅の様子を確認するなどの条件を設けている。しかし、細川弁護士は「引き渡し条件のハードルを上げすぎると、引き取り手が減るというジレンマがある」と話す。

 ◆「大事件に発展も」

 猫などの動物虐待事件は後を絶たない。昨年は、埼玉県三郷市などで女子児童らが刃物で刺された事件で逮捕された少年(17)が、猫の殺害もしていたことが分かっている。

 精神科医で東工大教授の影山任佐氏(犯罪精神医学)は「将来に対する不安や家族内の悩みなどのストレスがはけ口として弱い動物に向けられる」と分析。「はけ口を社会的なエネルギーに変えるシステムをつくらなければ、いずれ大事件に発展する危険がある」と指摘している。


======================================

動物(昆虫などもですが)を虐待するという事はまともなことではありません。
勿論いじめなども人以下の行動です。
もっともっと虐待犯が捕まりやすい世界になって欲しいです。



人気ブログランキングへ
ランク大分下がっちゃった~~;今日もぽちっと応援お願い致します♪

===================================================
bana-yui_inuneko.gif
さんへはこちらから。
常にすべての生き物に愛を注ぎ奔走する結さん。
休む暇もなく飛び回る結さんの活躍はHPなどでご確認くださいませ。

静岡在住のハッチーさんの里親募集ブログです。
かわいい猫さんがいつもおうちを待っています。
bana3.gif
猫ボラさん支援ショップ「猫のバザール」はこちら
bana.gif池田留里子公式HP 「Happy Happy」はここです。




アマゾンのリンク貼ってみました。お買いものされる際はこちらの検索からたどっていただけると、ちょびっと手数料が入ります。
収益は「猫のバザール」の売上として寄付に回させて頂きます^^ 

お問い合わせはこちらからお願いします。
run2luna2☆yahoo.co.jp
スパム対策のため★を@に変えてくださいね。
スポンサーサイト
 | ホーム |  » page top