プロフィール

るん

Author:るん
常に猫が沢山いる賑やかな家です。
絵を描いたり色々やってます(*´∀`)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

同盟バナー猫中動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺処分のはなし

今色々な条例が問題になっています。

東京の三鷹市に続いて中野区までもが野良猫の餌やりを禁止する条例を作ろうとしています。
ちゃま坊さんのブログでいつも大変ためになるお話を読むことがではますが、
猫の餌やりは一人ではない事も多く、本来ならば特定して責任を押し付けるということも難しいようです。
それを餌をやったら10万円の罰金・・・などという条例を作ることはとても無理があるように思われます。

「犬猫救済の輪」さんの結さんのブログでは、三鷹市との電話でのやりとりが載っていましたが「国の方針に従っている」などと嘘を言ったり、かなりデタラメです。

餌やりを禁止するより、正しい餌やりの指導、そして避妊去勢の重要性を説いて行く事のほうがはるかに効果が高くボランティアの賛同も得られるのに、本当に残念です。

先述のちゃま坊さんのブログより大変ためになる話を転載いたします。
税金の使い道についてです。

=========================

2010年、横浜市に動物愛護センターができる。
箱モノにかなりの予算をかけて国内最大規模を誇るようだ。

今まで横浜市は、本牧に畜犬センターがあるだけで、ここでは猫の処分ができなかった。
そこで、「横浜方式」と呼ばれる猫の処分方法が行われていた。
開業獣医師に1匹約1万円払って安楽死処分を委託していた。
委託費用に年間3000万円くらいの税金が使われていたようだ。
処分とはこんなに費用がかかるのだろうかと驚く。

さて地域猫である。
地域猫を推進している区や市がいったいどのくらいの予算をとっているか?
資料を見るとおおむねどこも数百万円である。
http://members.jcom.home.ne.jp/doubutusimin/jyosei20.html
広報や啓蒙活動の予算を足しても1000万円を超えるところは少ない。

行政が地域猫を取り入れることを「税金の無駄使い」だという意見もある。
しかし動物行政全体から眺めると、どうもそうではない気もする。

大いなる無駄は処分にかかる費用ではないか。
すぐになくすことは無理だが、ここを減らしたいと誰でも思う。
減らすにはどうしたらいいか?

全国的に処分数の半分以上が子猫である。
地域猫は繁殖を止める活動だから、子猫の処分数を大幅に減らす効果がある。
処分数を減らす努力をしなければ、これからも多くの税金をつぎ込まなくてはならない。

=========================

命を奪うのにかくもすごい税金が使われているのです。
こんなお金を使うくらいなら、野良猫の避妊去勢の費用を負担してもらえればどんなにいいでしょう。

ただ、猫が可哀想だから・・・と訴えても耳を貸してくれない動物嫌いも、こんな角度からなら聞いて
もらえるかもしれません。また是非漫画に取り入れなければ・・・!!

=========================

犬猫救済の輪さんへはこちらから。
常にすべての生き物に愛を注ぎ奔走する結さん。
休む暇もなく飛び回る結さんの活躍はHPなどでご確認くださいませ。


静岡在住のハッチーさんの里親募集ブログです。
かわいい猫さんがいつもおうちを待っています。


frowk11.jpg


猫ボランティアさん支援ショップ「猫のバザール」
へはこちらからどうぞ♪リンクのご協力大歓迎です。
 

お問い合わせはこちらからお願いします。
スパム対策のため★を@に変えてくださいね。 

lunaluna★m15.alpha-net.ne.jp





スポンサーサイト
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。