プロフィール

るん

Author:るん
常に猫が沢山いる賑やかな家です。
絵を描いたり色々やってます(*´∀`)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

同盟バナー猫中動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ねこころ」の漫画について。

先程、頂いたコメントに大変厳しいご意見がありましたので掲載させていただきます。

「ぱすみんさんときららさんのお話が載っている雑誌、拝見させて頂きました(定期購読しているので)まずはお悔やみ申し上げます。
先生は野良猫救済ボランティアをやってらっしゃる模様で、とても素晴らしい事だと思います。私も微弱ながら己の出来る事を細々とやっている所です。仕事のおかげで知識だけはあるので。

そこで雑誌を拝見していて思ったのですが、あまりにも中途半端ではありませんか?白血病かどうかも分からない子猫を譲渡し、結果亡くなる。いくら後で点眼薬や飲み薬をおすそ分けしたからと言って何だと言うのでしょう。
きちんと調べずに譲渡、死亡。幸せだったのは譲れたと安心した先生達だけでしょう。最初から白血病と分かっていたなら、どうなっていたでしょうね?今と同じだけ引取手ありましたかね?

ましてや白血病キャリアを他の猫と同時に寝かせる。医療従順者のこちら側から言わせて貰うならばもう最悪です。言語道断です。これはなんですかね、最悪全滅しても構わないと思っていると受けとってもいいのでしょうかね。何考えてるんですか?紙面の力を借りて堂々とアピール出来るような飼育環境ですか?

「なら見捨てろと言うのか」とおっしゃられるかも知れません。おおざっぱに言えばそうです。自宅に居る家族猫を危険な目に合わせている時点で保護が「出来ている」とは到底言えません。私も何十匹と見捨てました。生き地獄を味あわせるからです。
ワクチン、消毒、万全とおっしゃられるかも知れませんね。しかしどれも万全ではありません。ご存知ですよね? 」


大変厳しいご意見ながら、思い当たる節が多々ありますので記事にさせていただきました。

今回のばすみんときららやちびさびちゃんに関しては、本当に心の油断がありました。
まずはママ猫さんを手術した時に血液検査をしたおかげで「異常なし」と言われて安心したのが、そもそもの間違いでした。
今まで拾った子猫や大人猫は血液検査をするまでは別室やケージで隔離していたのですが、今回はママ猫が異常なしという事で子猫も血液に異常はないと思いこんでいたのです。
このへんはミクシーの日記には書いたいたのですが、このブログや雑誌では書いていなかったので誤解を招いてしまったようです。

ただこの血液検査が後でわかったところ「腎臓などの数値を見る検査」でいつもの「感染病」の検査ではなかったのです。「異常なし」と聞き安心しきったのが悔やまれます。
そして、まだ小さくて血液検査をするにはかわいそう・・とも思いましたし。
実際今まで家に来た子で血液検査をする前に他の猫と一緒にした子は初めてなんですよ・・・。

それにくわえていつも隔離しているケージをおばちゃんに貸していたので、隔離できなかったというのもあります。

ちびさびちゃんも、かよちゃんが一目ぼれして自分の方のアレルギー検査がOKだったので、すぐくださいと言われ、当時は一番体調もよさそうだったので安心しきっていました。
今まで慎重にやってきても特に問題が起こったこともないし・・・と油断しきっていたんだなあと思います。
ちなみに5匹のうちの2匹はおばちゃんが知り合いに譲ったので、わたしはどなたかもわかりません。
ただ風邪気味などの情報が入ったら抗生物質や目薬を渡すといった感じでした。
この2匹はそれぞれ1匹飼いで完全室内飼いをしていただいているので、そこは安心しています。

ぱすみんの他の猫との同居については「唾液程度では感染しないし、よほど酷い噛みつきあいの喧嘩でもしない限りは大丈夫」と獣医の先生から聞き、通常の飼育は可能と判断しました。

一回8Pという限られた中ですので、全てが伝えられず気分を悪くされてしまう方もいるかもしれませんが、気になることがあればご質問やアドバイスをいただけるのは大変にありがたいと思います。

今回専門の方から見てこんな風に見えるんだな~と、同じように思っている方もみえるかもしれないな~と思い反省いたしました。
ネームの段階でわかればいいのですが、編集さんもここまではわからないし、わたしも数か月の話を8Pにまとめるということで、どうしても全てに目が行き届きません。
獣医の先生も読んでくださってますが、先生も当事者で私の事情がわかるのできっとこんな風な角度からは見えないのではないかと思います。

でもやはり読者さんに不愉快な思いや、誤解を招いてはいけないので(血液検査なしに猫を簡単に譲渡してもいいとか、他の猫とすぐ一緒にしていいとか)
これからはもっと気をつけたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

===============================

犬猫救済の輪さんへはこちらから。
常にすべての生き物に愛を注ぎ奔走する結さん。
休む暇もなく飛び回る結さんの活躍はHPなどでご確認くださいませ。


静岡在住のハッチーさんの里親募集ブログです。
かわいい猫さんがいつもおうちを待っています。


frowk11.jpg


猫ボランティアさん支援ショップ「猫のバザール」
へはこちらからどうぞ♪リンクのご協力大歓迎です。
 

お問い合わせはこちらからお願いします。
スパム対策のため★を@に変えてくださいね。 

lunaluna★m15.alpha-net.ne.jp






スポンサーサイト
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。